ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/3/9

《知りたい、赤ちゃんの靴下事情》手足が冷たいとき…、室内でも靴下って履かせてる? 赤ちゃんの足元冷え対策いろいろ

寒い季節も終わりに近づいて気候が良い日が増えてきましたが、赤ちゃんの靴下って履かせていますか?

赤ちゃんは裸足の方がいいとよく聞くけれど…、こんなに手足が冷たいと、風邪を引いてしまうかも…とつい靴下履かせたくなりますよね。靴下って履かせなくて、本当に良いのでしょうか?

赤ちゃんは裸足がいいっていうけれど、本当!?
赤ちゃんは裸足がいいっていうけれど、本当!?

赤ちゃんの手や足が冷たいわけ

赤ちゃんは皮下脂肪も少なく、まだまだ体温の調節がうまくできないため、周りの気温などに影響を受けやすく、ちょっとしたことで体温が上がったり下がったりします。

なので、赤ちゃんは手足を上手に使って手足から体の熱を放出したり、手足の毛細血管を収縮させて熱が逃げていかないように体温調節をしていると言われます。そのため、身体が暖かく、手足が冷たいときは、心配いらないそう!

手足が冷たい時はまず、身体が暖かいかどうかをチェックしてみて。背中やお腹などを触ってみて、暖かければOK! 身体が冷えているようなら部屋の温度を上げてみたり、もう少し着せてあげましょう。

室内は裸足でいいの?

赤ちゃんは足の裏で体温調節をしているので、室内が暖かければ靴下を履かせると返って、熱がこもりやすくなったりします。

また、室内で靴下を履いていると滑ってしまいケガの原因にも!

裸足でいることで、赤ちゃんの土踏まずの形成を促したり、姿勢が良くなったり、運動神経の発達や免疫力UPなど様々なメリットが。ですので、室内では靴下は履かせなくても良さそうです。

また、赤ちゃんが寝ているときも靴下は必要ないそう。赤ちゃんが寝ていて寒そうなときは、しっかり布団をかけたり、腹巻でお腹周りを温めたり、スリーパーなどで寒さ予防をしてあげると良いですよ。

足元まである長いスリーパーは、大きくなっても使えるアイテムです
足元まである長いスリーパーは、大きくなっても使えるアイテムです

室内でのオススメ冷え対策アイテムって?

赤ちゃんはロンパースタイプの肌着を着せることが多いですよね。足がにょきっと出ていると、どうしても寒そう…というとき、我が家ではレッグウォーマーを使っています。

足の裏を温める靴下より、足首を温め保温効果のあるレッグウォーマーのほうが体も冷えにくくオススメ。

寒い時期に防寒対策として使用する場合は、保温性に優れたものを選びましょう。レッグウォーマーや足首までのタイツなど、上手く小物を利用して冷え対策をしてあげたいですね。

また、レッグウォーマーは防寒だけではなく、冷房対策やハイハイ時期のサポートにも大活躍するので、一つあると本当に重宝します。

防寒アイテムとしてだけでなく、ハイハイ時期のサポートにも活躍。レッグウォーマーは、1年中使えます
防寒アイテムとしてだけでなく、ハイハイ時期のサポートにも活躍。レッグウォーマーは、1年中使えます

外出時、靴下を脱いじゃう子にはコレ!

室内と違って、外出時は靴下を履かせたいもの。赤ちゃん用の靴下って、ちゃんとしたものを選ばないと、すぐに脱げてしまったりします。抱っこひもからおろしたら、「なぜか片方靴下を履いてない!」なんてときはありませんでしたか?

我が家の上のお兄ちゃんも小さい時によく、外出先で気がつくと靴下が片方ない…なんてことが。こんな時は、やっぱり足つきのカバーオールがオススメ!!

これなら靴下を脱いじゃう、なんてことはないですし、まだまだひんやりすることが多い季節の外出時も足が暖かいですよ。赤ちゃんの状況に合わせて上手く靴下やレッグウォーマー、足つきオーバーオールなどのアイテムを活躍して、冷え対策をしてあげたいですね!

この記事を書いた人

  • 石橋ナンシー
    男女兄妹持ちのママ。美容部員&アクセサリーのhand maid shopも手がけていて、美容&オシャレが大好き♡

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事