ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/4/27

《動き出したら危険がいっぱい!》おうちの中の危ないゾーン、対策&安全グッズいろいろ

赤ちゃんがハイハイや歩きだすと、急に目が離せなくなりますよね。おうちの中も危険がいっぱい!

好奇心旺盛な赤ちゃんを思わぬ危険から守るための、赤ちゃん用の安全グッズや気をつけたいポイントなどをお部屋別にいろいろご紹介します。

階段、ベランダ、キッチン、お風呂場への対策は必須!

赤ちゃんにとって命に関わる危険が大きいのが階段やベランダ、キッチンなどです。危険を回避する三種の神器は、「チャイルドロック」、「ベビーガード」、「滑り止めマット」。その使い方や使うシーンを紹介します。

チャイルドロック

キッチンには引出しや扉の中には、たくさんの調理器具や刃物など危険な物がいっぱい。包丁などの調理器具をしまっている扉や食器手の届く棚には開け閉め出来ないよう、チャイルドロックをしましょう。

貼り付けるタイプのチャイルドロック
貼り付けるタイプのチャイルドロック

ベビーガード

キッチンでは、調理中の鍋から熱湯が跳ねたり予定外の事故が起こりやすいため、出入りができないようにゲートは必ず必要です。

我が家の場合↓

キッチンへの進入防止用とベランダへの転落防止のため、2種類のベビーガードを取り付けています。

キッチンのガードは、大人がまたげる高さのもの
キッチンのガードは、大人がまたげる高さのもの

キッチンには鍵がないタイプを使用。大人はまたいで通ってます。出入りが多くて毎回鍵をかけるのが大変な出入り口は、大人がまたげるゲートがオススメ。

ベランダには頑丈な、鍵つきタイプを使用!
ベランダには頑丈な、鍵つきタイプを使用!

滑り止めマット

階段があるお家では、万が一に備えて階段に滑り止めのマットを設置してるママも。転倒も、打ち所がわるいと大きな怪我に。備えあれば憂いなしですね。

リビングでのオススメ、危険防止グッズ

コンセントカバー

床上数センチのあたりにあるコンセントは、はいはい期から子どもにとっては、興味深々。誤ってヘアピンなどを穴に入れて感電するなどの危険性があります。しっかりカバーしましょう。

角カバー

テーブルやテレビ台などの四方の角は、赤ちゃんが誤って「ゴチン!」とぶつけると大怪我になる恐れもあります。また、テーブルクロスを引っ張り、その上にのっていた食器や熱湯を頭からかぶる危険も考えられるので要注意です。

リモコンカバー

気をつけたい小物は、"リモコン"です。電池も入っているのでとても危険。我が家の兄妹も小さい頃は"リモコン"が大好きで、気がつくと「カミカミ」。カバーをつけたり、手の届かないところに置くようにしましょう。

寝室での危険いろいろ、どんなもの?

ドア専用蛇腹ガードやドアストッパー

ドアを閉めする際に、誤って赤ちゃんが指を挟んでしまうので要注意。ばたんと閉まるドアやスライドタイプのドアなどで指を挟まないように、蛇腹になっている専用のガードやドアストッパーなどつけたりして対策をしましょう。

ベットガード

大人用のベットなどで一緒に寝ている場合は、寝返りをするようになると、ベッドから転落する事があるので注意が必要

売っているベットガードもベッドサイドの一部しかガードができないため、よくガードのない所から落ちる事があるそうです。できたらベッドを壁にくっつけて配置して、子どもを壁側に寝かせたり、落ちても大丈夫なように周りに布団をひいて対策をしましょう。

我が家ではお兄ちゃんが2回もベッドから落ちて、すぐ敷布団に切り替えました。

赤ちゃん目線で見るとお家の中も危険がいっぱいです。

ねんね期のうちから家の中で危ないと思う場所をチェックして、早めに対策するようにしましょう。いろんな安全グッズを上手に活用して、赤ちゃんを危険から守ってあげてくださいね!

この記事を書いた人

  • 石橋ナンシー
    男女兄妹持ちのママ。美容部員&アクセサリーのhand maid shopも手がけていて、美容&オシャレが大好き♡

Related Posts 関連記事